エラを小さくさせる注射|ボトックスを正しく使って小顔効果を実感【いくつかの事に注意する】

ボトックスを正しく使って小顔効果を実感【いくつかの事に注意する】

エラを小さくさせる注射

水着姿の女性

連休前に注入する

小顔になるためのボトックス注射を受けるときのルールとして、まず初心者は連休の前日に受けるようにすることをオススメします。というのも、ボトックス注射というのは、注入した部分の筋肉を弛緩させることによって、筋肉を使えない状態にして細らせていくからです。その結果として得られるのが、エラが小さくなった顔、つまり小顔です。そのために、エラの筋肉の部分にしっかりと作用してくれなければ意味がありません。そこで重要となるのが、注射をしてから2日間ほど安静にすることで、だからこそ連休前に施術するのが良いわけです。もしも激しい運動をしてしまうと全身の血流が促進されて、エラに作用する前に全身に注入液が巡ってしまい、効果が半減してしまうことがあります。だからこそ安静にしておく必要があり、休日を活かしてゆっくりと休むことが大切となります。ただし、安静にするとしても「病人のごとく寝ていろ」というわけでもありません。激しい運動がダメなのであって、日常生活をゆったりと過ごす分には問題はありません。小顔になるためのボトックス注射は、施術前にインフォームドコンセントでしっかりと説明を受け納得の上で同意しておきます。そして、施術日時を予約しておけば、スムーズに施術を受けることができるわけです。その施術時間は注射のみなので10分から30分ほどというとても短時間で終えることができます。強い副作用が出ることはほとんどないですがしばらく経過観測したら施術は終了で、しかも、注射のみなので麻酔を施すこともほとんどなく、あったとしても皮膚麻酔くらいです。そのため、施術したその日に帰宅することが可能です。ボトックス注射は連休前に施術した方が良いため、連休前(多くの場合は土日の前の金曜日)の仕事帰りに利用する女性も少なくありません。そして、すぐに小顔になれるというわけではなく、目に見えて効果が実感できるのは多くの場合、注射を施してから2週間から4週間ほどだと言われているので、焦りは禁物です。その効果は4カ月ほど続くと言われており、その後少しずつに元の大きさに戻ると言われています。

Copyright© 2018 ボトックスを正しく使って小顔効果を実感【いくつかの事に注意する】 All Rights Reserved.