ボトックスを正しく使って小顔効果を実感【いくつかの事に注意する】

エラを小さくする

製剤の種類と効果

ダイエットにおいて、筋肉よりも脂肪の方が落としやすい傾向があります。それは顔の肉に関しても同じで、筋肉によるエラの張りはダイエットをしただけでは落とせません。ボトックス小顔施術は、脂肪や骨格が原因ではなく筋肉によるエラの張りを改善できる小顔施術です。エラの部分に注入するとボトックス製剤が筋肉の動きを抑制して委縮させ、エラが小さくなっていきます。効果の持続期間は約半年のため、半年に1度のペースで注射をし続けると効果が長く継続するようになり、最終的には追加治療が必要なくなります。ボトックス治療は、注射をして1週間ほどで効果が現れ始め、徐々に小顔になっていくのが特徴です。そのため、周りの人に気付かれずに自然な小顔になれます。大掛かりな手術をせずに、理想のフェイスラインを手に入れることができるのです。また、注射をするだけなので施術時間も短く、ダウンタイムの必要もありません。普段通りの生活が送れるうえ、副作用の心配もほとんどなく安心して受けられるのが特徴です。ボトックス小顔施術は、発達したエラの部分にボトックス製剤を注射するという施術方法です。施術自体は1種類しか方法はありませんが、注入する製剤によって効果の持続期間が異なることもあります。ボトックス製剤は、アメリカやドイツ、韓国製など様々な国で作られており、クリニックによって使用している製剤が異なります。一般的に使用され、最も高品質とされているのはアメリカ製のもので、値段も一番高くなります。また、ドイツ製の製剤も純度が高く、抗体ができにくく小顔効果が長持ちします。その他のボトックス製剤は、小顔効果があるものの不純物が混じっている割合がアメリカ製やドイツ製に比べて多いため、抗体ができやすく効果が長持ちしないことがあります。そのため小顔施術を受ける時は、クリニックでどのメーカーの製剤が使用されているのか確認し、納得のできる製剤で施術を受けることが大切です。クリニックによっては、いくつかのボトックス製剤の中から選択できることもあるので確認しましょう。

Copyright© 2018 ボトックスを正しく使って小顔効果を実感【いくつかの事に注意する】 All Rights Reserved.